アラビア語の基本文法に関する情報を載せていきます。
Thumbnail of post image 041

 条件文 「もし~なら~だ」という条件文の構文を作りたい場合、アラビア語では大きく、“実際に起こり得る場合”と“実際にはありえない場合を仮定する”という二つの ...

Thumbnail of post image 028

 لَيْسَの用法 動詞لَيْسَは、「~ではない」を意味し、名詞文を否定する時に使われる。 كَانَと同様、これが含まれる文全体の格変化に影響を与える ...

Thumbnail of post image 054

كَانَの用法 動詞كَانَは、「存在する」を意味し、主に名詞文を過去形にする際や動詞文の時制に微妙なニュアンスを加えたい時などに使われる。 また、次のل ...

Thumbnail of post image 187

比較・最上級   アラビア語の比較級と最上級の作り方はいたってシンプル。 例えば、「大きい」を表すكَبِيرٌという形容詞を例にとると、以下のようになる。 ...

Thumbnail of post image 086

アラビア語の数詞(基数) アラビア語の数詞については、以下が注意すべきポイントである。 表記方法については、アラビア数字の他に、インド数字がある。もちろんアラ ...

Thumbnail of post image 037

アラビア語の動詞には、基本形の他に主に以下の形がある。 接続形 接続形は、以下の接続詞の後に動詞の未完了形が置かれる場合に使われる形である。 أَنْ~するこ ...

Thumbnail of post image 151

ニスバ形容詞 ニスバ形容詞とは、元々名詞だったものを形容詞化させたものである。 男性形の場合は語尾に ـيٌّ(イーユ(ン))、女性形の場合はそれに ـيَّ ...

Thumbnail of post image 181

動詞 アラビア語の文法において最も難しい要素の一つがこの動詞だろう。 というのも、アラビア語の動詞は活用の数が非常に多く、かつ複雑だからだ。 まず、アラビア語 ...

Thumbnail of post image 190

形容詞 アラビア語の形容詞は、名詞を後ろから修飾する。 その際に特に注意すべきことは、その形容詞の性(男性名詞、女性名詞)・数(単数、双数、複数)・格(主格、 ...

Thumbnail of post image 194

受動態(受け身) アラビア語の受動態では、「○○~によって」というように動作主が分かっている時には使われない。 動作主が分かっている場合には、受動態でなく、能 ...